睡眠のゴールデンタイムは嘘??午後10時〜午前2時だった理由

「午後10時から午前2時までは睡眠のゴールデンタイム。成長ホルモンの出る大事な時間だから、しっかりと寝ることが大事!」

そんな話、どこかで一度は聞いたことがありませんか?

個人的には、ゴールデンタイムという言葉が、響きこそキャッチーではありますが、「本当かな?科学的根拠は??」と、少々いぶかしげに感じていた記憶があります。

だって、起きる時間が人それぞれ違うのに、なんでぴったりその時間になるのかが不思議。じゃあ、夜勤の人はどうするんだよ、夜勤じゃなくても午後10時は早すぎるよ。とかいろいろ思っちゃいました。

そんな、いまいち納得のいかない睡眠のゴールデンタイム。
どうやら、午後10時から午前2時と言われていたのには、事情があったようです。

当時、睡眠の研究では、被験者に午後9時〜11時頃に眠ってもらうのが一般的でした。そして、データを取ってみると、寝付いてから1時間後、つまり午後10時〜午前0時の間に成長ホルモンの分泌がピークを迎え、そこから下降傾向に。

そのデータを見て、「睡眠のゴールデンタイムは午後10時〜午前2時だ!」と巷で言われるようになったとのこと。

でも、被験者に徹夜してもらって、午前11時に寝させたところ、徹夜中には睡眠ホルモンは分泌されず、午前12時から増加していたみたいなんですね。

結局、あくまで就寝の1時間後というのがポイントで、午後10時〜午前2時に根拠はなかったということです。

だから、この時間帯に寝られてなくても、そのことを負い目に感じる必要はまったくなし。

もちろん、体内時計の関係で、早寝早起きの方が健康的であることに変わりはありませんけどね。時間帯に対して、そこまで神経質になる必要はないという話でした。

それがわかっただけでも、ちょっとは気が楽になりますよね^_^

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す