かつてアメリカでは、眠気による事故で年間460億ドルもの損失があった!?

20年以上前の話ですが、スタンフォード大学のウェリアム・デメント教授が1993年に発表した論文に、「Wake Up Amerika(目覚めよ、アメリカ)」というものがあります。

その論文で、「眠気による事故だけで、年間460億ドルもの損失がある」と試算されていたとのこと。

当時の居眠り事故による医療費や保障費の合算のようですが、アメリカでは特に医療費が高いことも手伝って、巨額な数字が算出されたんですね。あまりにその損失額のインパクトが強かったので、国内に労働時間の見直しを促すひとつのきっかけになったそうです。

確かに、アメリカの方が日本に比べて、睡眠に対しての意識が高いように思えます。こちらの記事でも紹介しましたが、アメリカのトップ企業のCEOほど、睡眠をとても大事にしています。また、社員も日本人ほど残業するイメージはありません。

アメリカが日本の10〜20年先を進んでいるとしたら、日本もそろそろ変わりはじめていいはずです。「Wake Up Japan(目覚めよ、日本)」と、誰か日本の学者さんも唱えてくれればいいのですが。

◆その他の関連記事
不眠改善のための夜の運動は逆効果になりうる??

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す