寝る前のお酒の効果は?寝つき、睡眠の質はどうなる??

各国での、眠れないときの個々人の対処の仕方が調査されたことがありました。
その結果、日本が最も病院に行く人の割合が低かったそうです。

では、眠れないとき、日本人はどうしているのか?
そう、お酒を飲むんですね。
いわゆる「晩酌」として習慣的に飲む人もいれば、「眠れないからちょっと一口」という感覚で飲み場合もあるようです。

お酒を飲めば、たしかにリラックスして眠気が出て、寝つきはよくなります。

しかし、アルコールが体内に残っていると、どうしても眠りは浅くなります。寝つきがよくなったとしても、睡眠の質が低いため、それほど疲労はとれません。

お酒を飲んだ翌日の日中に眠気を感じるのなら、それは睡眠不足のサインです。お酒に頼らない入眠方法を実践する必要がありますね。

◆その他の参考記事
⇛ホットミルクは不眠改善に有効か?

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す