「カーテンを開けて日の光を浴びること」が朝のファーストタスク

朝、目覚めたらまずやるべきこと、それはカーテンを開けて日の光を浴びることです。

体内時計をコントロールしているのが、メラトニンというホルモンです。睡眠ホルモンとも言われています。メラトニンが増えると眠気を感じ、減ると眠気は軽くなります。

そして、そのメラトニンの特性として、強い光を浴びると止まる性質があります。夜の快眠のためにも、日中は元気に活動する必要があるので、朝に日光を浴びて意識的にメラトニンを止める必要があるわけです。

◆その他の関連記事
寝つきを良くしたいなら、まず「朝」を意識する

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す