ネプチューン名倉も使っていた?「自己覚醒」が朝の目覚めを良くする

以前「しゃべくり007」という番組で、ネプチューンの名倉さんが、「仕事で一度も目覚ましをかけたことがない」という話をしていました。

曰く、「明日は6時に起きる」と寝る前に意識して目を瞑る。すると、その通り翌朝6時少し前くらいに自然と目が覚めるとのこと。それで仕事に遅刻したことは一度もないそうです。

本当かな?彼だけができる特殊能力じゃ??と思われるかもしれませんが、これは「自己覚醒」という誰にでも起こりうる現象です。科学的な原因はまだ解明されていないのですが。。

寝る前に、ポジティブな気持ちで「明日は何時に起きよう!」と強く意識すると、目覚める1時間くらい前から体が目覚める準備をするようになります。

どうやら、この前向きな意志の力が、眠りに関係するホルモンであるコルチゾールに影響するようなのです。

でもそれって、眠りが浅くなったりしない??

そんな心配もご無用。この自己覚醒で目覚めると、起きたときに爽快感があり、実際に睡眠の質がいいことが確認されています。

ポイントは、あくまでも「ポジティブな気持ち」であること。翌朝に対して積極的な姿勢なのか、消極的な姿勢なのかで、睡眠の質が変わってくるんですね。

そんな、ちょっと不思議な「自己覚醒」。寝過ごしても問題ない休日などに、目覚ましをかけずに試してみてはいかがでしょうか?^_^

◆その他の関連記事
不眠の人は昼にコーヒーを飲むべきか?控えるべきか??

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す