不眠の人は昼にコーヒーを飲むべきか?控えるべきか??

コーヒー。眠気覚ましに効果的な代表的な飲み物ですね。カフェインにはアデノシンという眠気を誘発させる物質をブロックする働きがあり、実際に眠気を抑えてくれます。

でも、寝つきの悪い方にとっては、飲んでしまうと夜に眠れなくなるのでは?と不安に思うかもしれません。

結論から言うと、昼にコーヒーを飲む分には、寝つきに影響はありません(もちろん、飲み過ぎはよくないですが)。むしろ、コーヒーで午後の眠気が緩和され、生活にメリハリがつくのであれば、それは寝つきの観点からは好ましいことです。

コーヒーを飲むと、約20分後から眠気の抑制機能が働き始め、そこから3〜4時間はその効果が持続します。つまり、午後1時くらいに飲めば、午後4時〜5時までは眠気を抑えてくれるのです。それくらいのタイミングであれば、夜には持ち越さずに、カフェインの恩恵を受けることができます。ただし、午後4時くらいからのコーヒーは黄色信号です。夕方以降のカフェインは避けましょう。)

もちろん、カフェインを含むものはコーヒー以外にもいろいろあるので、ご自身の嗜好にあった飲み物を選べばいいと思います。

参考までに、カフェインを含む飲み物は次の通りです。

飲み物のカフェイン含有量(100g当たり)

  • 玉露:160mg
  • コーヒー:60mg
  • 紅茶:30mg
  • 煎茶:20mg
  • ほうじ茶:20mg
  • ウーロン茶:20mg
  • 番茶:10mg

こうして比べてみると、玉露が圧倒的ですね。お好きな方は、昼食時に飲むようにすると、午後のスッキリ感が変わり、仕事も捗るかもしれません^_^

◆その他の関連記事
眠気には慣れてしまう

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す