枕や布団にこだわりすぎることが不眠の原因になりうる

眠りをとことん研究してできた枕や布団。最近、そんな寝具がどんどん出てきますね。

たしかに、そういったものを使えば、睡眠の質が向上したり、寝つきがよくなったりするかもしれません。しかし、寝具に対してあまり神経質になるのも考えものです。

基本的には、自分が使い慣れた寝具に特に問題を感じなければ、そのままで十分です。寝具が同じなのに、眠れたり、眠れなかったりするならば、それはモノのせいではなく、単純に生活習慣が原因であることが大半です。

あまりこだわりが強すぎると、「この枕だから寝られないのではないか?」「もっといい枕があるのではないか?」などと、半ば強迫観念のように不安が生じ、反対に寝つきを妨げてしまいます。

寝具の合う合わないは個人差が大きく、絶対的な正解はありません。最新の寝具に変えることで、むしろ寝つきが悪くなることだってありえます。あまりこだわりすぎないようにしましょう。

(強いていうなら、パジャマは少し考えたほうがいいかもしれません。というのも、人は思っている以上に寝ている間に動いています。ですので、寝返りをしたときに引っかからず、動きやすいゆったりしたものが理想です。)

◆その他の関連記事
朝にベッドから出るためのライフハック

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

コメントを残す