寝つきが悪い人必見!これで夜のぐずぐずスマホとおさらば!!

寝つくまでに1時間、日によっては数時間。眠れないから、ベッドの脇にアラームとして置いているスマホを手に取り、布団の中でぐずぐずとSNSをチェック。余計にまた眠れなくなる・・・。

不眠症とまでは言わないまでも、睡眠に問題を抱えているという人も多いはず。
そんな方には、就寝時の負のスパイラルを抜け出すきっかけが必要ですよね。

ということで、寝つきを良くするための実践的な方法を3つ、厳選してご紹介します!

「眠れない→スマホをいじる→より眠れなくなる」の悪循環から抜け出すためには

スマホの光が睡眠の質に悪影響を与えるというのは、もういろんなところで聞いた話ですよね。

そう、わかってはいるんです。わかってはいるんだけど、つい手が伸びてしまう。

ここで、「寝る前は、なるべくスマホを見ないようにしましょう」などと言われても、正直何の解決にもなりません。そんなものはただの根性論。

寝つきが悪いからこそ、気が紛れてしまう。短い入眠時間で済むように、根本的な対策をする必要があります。

寝つきを良くするための3つの方法

では、具体的に何をすればいいのか?

寝つきを良くするための具体的な方法は、以下の3つです。

① 昼休みの「カフェイン×10分間仮眠」

睡眠の悩みなのに、昼の話?と思うかもしれませんが、日中の生産性を高めて、生活にメリハリをつけるのが王道のアプローチ。昼間の疲労が入眠のスムーズさにつながり、いい循環が生まれます。そのためには、眠くなりがちな昼食後の時間帯をいかに乗り切るかがポイント。効果的な方法は、昼休みにご飯を食べた後、コーヒーやお茶を飲んで10分程度の仮眠をとること。椅子に座ったまま、目を瞑るだけでOK。この習慣が午後の集中力を高め、来たる就寝時のための準備につながります。

② 睡眠のツボを刺激?1人で簡単足裏マッサージ!

足裏には、体中の重要箇所の神経が集中しています。いわば、健康増進のための宝の山とも言える足裏ですが、その中に不眠改善に有効なツボがあるんです。場所は、足の指の付け根部分。まずは、親指の付け根を指を引っ張るように10秒程刺激します。次に、同様の動きを他の4本の指でも行います(こちらは4本を10秒程で。1本2秒半くらいですね)。これを両足でやります。タイミングは夜のシャワー後などがオススメです。わずか1分足らずでできるお手軽な習慣なので、ぜひ一度試してみてください♪

③ 不眠用のサプリやドリンクを賢く使う

市販のサプリや休息ドリンクを活用するのも有効な手。商品自体の効き目もさることながら、「これを買って飲んだから大丈夫」という信頼が、いわゆるプラシーボ効果となって、効能以上の働きをしてくれる場合があります。ですので、ご自身が直感的に良さそうと感じたものを選べばいいでしょう。ただし、Amazonで「不眠」などと検索すると「グリシン」という商品が上位表示されますが、グリシンはどちらかというと、目覚めを良くしてくれる成分です。寝つきを良くするという観点で選ぶなら、グリシン単品での注文はあまりオススメしません(もちろん、成分に入っている分には問題なし。寝つきを妨げるわけではないので)。

⇛個人的に「効き目があった!」と感じた商品については、こちらにまとめてあります。よければ参考までに。

自分に合った方法で、「気がついたら寝ちゃってた」そんな理想の睡眠へ♪

以上、睡眠の悩みを解決するためのアイディアのご紹介でした!
寝つきがいい人って、スマホを触る触らない以前に、ベッドに入ってからものの数分で寝ちゃっていたりします。そういった方の話を聞いてみて、何気ない生活習慣などを真似してみるのもいいかもしれませんね。
自分に合った入眠方法を見つけて、ぐっすり快適な睡眠を♪