休日は「意地でも」平日と同じ時間に起きる

せっかくの休みなんだから、思う存分二度寝してゆっくりしたい。
そんな欲求が自然に沸いてくることを前提に、こんなタイトルをつけてみました。

休日は「意地でも」平日と同じ時間に起きる必要があります。そして、不眠で苦しんでいるのなら、その努力をする価値は十分にあります。

ブログの中で繰り返しご紹介していることになりますが、不眠改善の鍵は「睡眠リズム」です。これをいかに一定にするか。休日に平日と同じに起きられるか否かで、翌週の寝つきが大きく変わってきます。

特に、休日の「二度寝」の対策は重要です。
二度寝をすると、目覚めたときに体のだるさを感じませんか?

これは「睡眠慣性」と呼ばれる現象で、眠りの状態から覚醒状態にうまく切り替わっていない、ぼんやりとした状態のことです。起き始めた段階でまた寝てしまうことで、体が中途半端な状態になります。睡眠リズムを崩してまで寝ているにも関わらず、たいしてスッキリもしない。二度寝をして、いいことは何もありません。

休日の朝に重要なのは、「一度起きて、朝日を浴びる」ことです。こちらの記事で紹介した通り、日の光がメラトニンの分泌を抑え、眠気をストップさせてくれます。

ちょっとしたテクニックとして有効なのは、「カーテンを開けて、窓際で水を飲んだらまた寝てもいい」と自分に約束してみることです。どんなに眠くても、「また寝てもいい」のなら、多少なりとも起きる気力も沸いてくるのではないでしょうか? そして、いざ窓際に立ってしまえば、数分前に感じていた眠気が嘘のように消えていることが多々あります。そうなれば、そのまま起きてしまえばいいでしょう。

もし、立ち上がっても眠気が抜けず、約束通りもう一度寝たとしても、朝のうちに日の光を浴びた分、そのままベッドで寝続けるよりも遥かにマシです。やって損することのない有効なライフハックなので、ぜひ試してみてください^_^

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

 

朝にベッドから出るためのライフハック

朝が苦手で、なかなかベッドから出られない。。

そんな人は、カーテンを少しだけ開けた状態で寝てみるのはいかがでしょうか?

翌朝、窓から日光が射し込むことによって、その光が刺激となり起きやすくなります。

ただし、朝日が昇る時間は季節によって異なるため、日の出の時間が起きたい時間と重なる場合に限ります。

日の出の時間は、東京であれば、夏至の頃は午前5時前、春分・秋分の頃は6時前、冬至の頃は7時前です。

夏は少し早すぎるかもしれませんね。

また、一般的に冬の方が睡眠時間が長くなる傾向にあるようです。

冬に起きるのを難しくさせている要因は、冬の朝が暗くて寒いから。その対策として、タイマー付きの照明器具や暖房器具を活用するのも有効です。起床の少し前から、部屋を明るくしたり暖かくしておくことで、起きやすさが格段に変わってきますよ^_^

◆その他の関連記事
朝食が体内時計を整え、目覚めを良くする

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

朝食が体内時計を整え、目覚めを良くする

ギリギリまで寝ておきたい。。

そう思って、出社ギリギリまで布団にくるまり、朝食を抜いたりしていないでしょうか?

しかし、目覚めのためには、しっかりと朝食を食べたほうがいいようです。

食べ物が入ることによる内蔵への刺激によって、体が活動モードに切り替わります。

また、体内時計と食事は密接に関わっており、朝ごはんを食べて血糖値が上がると体内時計が整いやすいことも近年わかってきました。

特に、糖質の多いものを食べたほうが目覚めには効果的。

近年、ダイエットや美容のために糖質制限が流行っていますが、朝は血糖値をあげることが重要です。

GI値の高いごはんやパン、めん、果物、いも類などを意識的に取るようにすると、朝起きるのが楽になってきますよ^_^

◆その他の関連記事
「カーテンを開けて日の光を浴びること」が朝のファーストタスク

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)

ネプチューン名倉も使っていた?「自己覚醒」が朝の目覚めを良くする

以前「しゃべくり007」という番組で、ネプチューンの名倉さんが、「仕事で一度も目覚ましをかけたことがない」という話をしていました。

曰く、「明日は6時に起きる」と寝る前に意識して目を瞑る。すると、その通り翌朝6時少し前くらいに自然と目が覚めるとのこと。それで仕事に遅刻したことは一度もないそうです。

本当かな?彼だけができる特殊能力じゃ??と思われるかもしれませんが、これは「自己覚醒」という誰にでも起こりうる現象です。科学的な原因はまだ解明されていないのですが。。

寝る前に、ポジティブな気持ちで「明日は何時に起きよう!」と強く意識すると、目覚める1時間くらい前から体が目覚める準備をするようになります。

どうやら、この前向きな意志の力が、眠りに関係するホルモンであるコルチゾールに影響するようなのです。

でもそれって、眠りが浅くなったりしない??

そんな心配もご無用。この自己覚醒で目覚めると、起きたときに爽快感があり、実際に睡眠の質がいいことが確認されています。

ポイントは、あくまでも「ポジティブな気持ち」であること。翌朝に対して積極的な姿勢なのか、消極的な姿勢なのかで、睡眠の質が変わってくるんですね。

そんな、ちょっと不思議な「自己覚醒」。寝過ごしても問題ない休日などに、目覚ましをかけずに試してみてはいかがでしょうか?^_^

◆その他の関連記事
不眠の人は昼にコーヒーを飲むべきか?控えるべきか??

この記事の参考にした本

『仕事が冴える眠活法』中村真樹
青山・表参道睡眠ストレスクリニックの院長さんの本。睡眠のメカニズムと実用的なテクニックがわかりやすく書かれているので、ビジネスマンに限らずオススメ。私にとっての、睡眠のバイブル的な一冊です!(^^)